materie(マテリエ) 絵を描く材料と額縁の店
京都の画材屋 画箋堂


ヘンパネ オーバル SM
変形パネル 楕円形

型番: pan-HENo0001

3,289

数量

昨今のウッドショックによる原料価格高騰のため、2021年9月1日よりエンパネ・ヘンパネ・エンパネキャンバスを価格改定しております。

変形パネル、その名も「ヘンパネ」

ヘンパネとは、変形パネルのことを言います。G-LAB第一弾で取り上げた「エンパネ = 円形パネル」をベースに、より自由な形状のパネルの作成に取り組んだ商品です。そこには「絵画の新しい可能性を提案し、スタンダードな選択肢にしたい」というエンパネの開発初期から変わらず続く画箋堂の想いがあります。


壁に掛けた時の映え方は、ピカイチの楕円形。

「楕円形」は、形そのものがすでにスタイリッシュ。そんな楕円状の絵画と言われて思いつくものといえば、どんなものがあるでしょう…思いあたるものとしては、西洋絵画の肖像画やアール・ヌーヴォーのグラフィックアートが思い当たるような。そのためか、形状自体はややアンティークな印象が先立ちそうですが、どっこい現代のアーティストがこの形に筆を走らせたらどんな絵画が生まれてくるだろう?という期待を持ってこの形をリリースすることにしました!

「楕円形」と一言でいっても、どのくらいの変形比率で楕円を描くのかがポイントでした。壁に掛けた時の存在感や、絵を描く基底材としての機能を色々と試行錯誤した結果、だんだんと「楕円鏡」を形状に近づいていったのがこの「ヘンパネ オーバル」。エンパネが「窓」であるのに対して、「ヘンパネ オーバル」は「鏡」。語呂もなんだか良い気がしてたりして。楕円の規定材が持つアンティークな印象。それをそのまま生かすも良し、固定概念にとらわれず自由に描くも良し。形に縛られないからこそ、それぞれの絵画表現に向き合ってもらえれば。そんな想いのこもった商品です。


素材が合板であること

エンパネのパネルは合板でできています。その理由は大きく分けると3つあります。まずは安定した価格で商品を供給するため、次に桟(さん)を丈夫にするため、そしてパネル自体の重さを軽くするためです。

□ 安定した価格で商品を供給するため

反りや歪みの多い無垢材を使うと、それだけ加工や管理にコストがかかってしまいます。画箋堂 materieではできるだけ安定した品質、安定した価格でエンパネ・ヘンパネを届けるために合板素材を採用しています。円形や変形のパネルは、エンパネ・ヘンパネシリーズの発売以前は、メーカーに特注するか、木工所にお願いして作ってもらうか・・・各々でなんとかして手に入れていたよう。それは大変・・・それでは費用高くも手間も大変な苦労です。
そんな現状を知って「無いなら自分たちで作ってみよう」というところから、画箋堂のエンパネはスタートしました。だから、欲しいと思った時にできるだけ安定した価格で、安定したスピード感で届けられるようにするために、品質を一定に保ちやすい合板をチョイスしています。

□ 桟(さん)を丈夫にするため

質のあまり良くないパネルだと、経年変化で形状が変わってしまうことがあります。そうなってしまうとどれだけ素晴らしい絵でも見栄えが悪くなってしまいます。そうならないようするため、桟を強くしてパネルに反りが起こらないよう構造を設計する必要があります。桟に一枚物ではなく合板を使うと反ることは基本的にありません。その理由はまず、合板が何層にも重なった構造をしているため層ごとに木目の方向が違うこと。次に「合板の芯材」と「外側の板」で素材の木を変えているので強度が安定します。これなら下地材を塗っても反りません。強度が安定すると、品質も安定するため全体の制作コストも抑えられ、結果皆さんに安定した価格でお届けすることができます。

※ただしパネルにあまりに過度な水分を含ませると、アクが出る可能性は無きにしもあらず。用量用法を逸脱する技法にトライする場合は自己責任にてお願いいたします。

□ パネル自体の重さを軽くするため

最近は展覧会などで額装をせずに、壁に直接パネルを掛けて展示するケースも増えています。(ほんとは額装してくれると嬉しい・・・)パネルの重さ + 絵具の重さを考えるとなかなかの重さになってしまうので、壁を傷めてしまったり、パネル自体が重さに耐えられないことだって考えられます。絵描きにはそうした不安が少しでも減るような状態で展示をしてほしい。そのために、強度はそのままでパネルの重さを減らすには合板がベストアンサーだったのです。


独自に進化した桟(さん)の構造

ヘンパネもファーストシリーズであるエンパネと同様、桟の内側がくぼんでいます。これはエンパネ開発時に2019年のリニューアル版から取り入れた構造です。エンパネ発売当初は垂直でした。桟の内側がくぼんでいるだけで、パネルを壁掛けした時にしっかりと掛かってくれるようになりました。より絵描きに寄り添ったパネルとして、メジャーな画材として市民権を得られるようにエンパネ・ヘンパネは日々進歩します!


  • SM a:227 × b:158 × 厚み20(mm)
  • 3号 a:273 × b:220 × 厚み20(mm)
  • 4号 a:333 × b:242 × 厚み20(mm)


最近チェックした商品